就職するのとバイトするのでは時給換算してみて良し悪しが分かる

アルバイト、パートなどの非正規雇用の場合、支払われる給与は「時給」や「日給」によって計算されるのが一般的です。

就職するのとバイトするのでは時給換算してみて良し悪しが分かる

時給勤務のアルバイト

アルバイト、パートなどの非正規雇用の場合、支払われる給与は「時給」や「日給」によって計算されるのが一般的です。時給は「時間給」とも言います。時間給勤務のアルバイトスタッフは、タイムカードによって勤務時間がしっかり管理されています。時給1000円の職場で、お昼休みなどの休憩をのぞいて8時間勤務すれば1日8000円の給与になります。1日に8時間の労働時間上回る事によって時間外労働となり、残業代がつきます。ちなみに8時間を上回る労働をした場合は、60分以上休憩をしなければならないルールがあります。休憩時間の60分は時間給の対象外となるのが一般的です。

時給は15分や30分刻みのところが多く、時間がそのまま給与に反映されるので朝出勤したら必ずタイムカードを押すことが大事です。アルバイトの中には日給制のところもあります。日給制は時給のように分刻みではなく、1日いくらと給与が決められています。そのため、日給制の職場はタイムカードがないのが特徴です。時給の場合早く仕事が終わればその分時給が減りますが、日給は1日いくらとあらかじめ決められているので、早上がりでも契約した日給分が支給されるというメリットがあります。

Copyright (C)2017就職するのとバイトするのでは時給換算してみて良し悪しが分かる.All rights reserved.